乳腺腫瘍

乳腺腫瘍はワンちゃんネコちゃんでできやすい腫瘍の一つです。

の場合、乳腺腫瘍の良性と悪性の割合はおよそ半々と言われ、正確な診断には病理組織検査が必要になります。

の場合は確定には同じく病理組織検査が必要ですが、ほとんどが悪性腫瘍で再発や転移も起こりやすいため、積極的な治療が必要です。

こちらのワンちゃんも胸に沢山のしこりができているのが分かります。

左側(赤矢印)にも右側(青矢印)にも多くのしこりがありますが、一度に全てを摘出すると皮膚が突っ張り過ぎてうまくくっつかない可能性があるため、片側ずつ上から下まで切除する手術を行うこととしました。

手術直後の写真がこちらです。

手術後2週間以上経って抜糸をした時の写真です。

この後もう少し皮膚が伸びるのを待って反対側の乳腺腫瘍の手術も行います。

ちなみに多数あったしこりの診断結果は悪性のものも良性のものも、腫瘍ではないものも含まれていました。やはり見た目だけでは良性か悪性かの判断は困難です。

乳腺腫瘍を見つけた場合の手術方法はしこりのみを摘出する方法から、今回のように片側の全ての乳腺を切除する方法まで様々ありますが、それぞれに長所短所があるため、動物種やしこりの特徴、動物の状態、飼い主様の希望などを総合的に判断して手術方法を決定させていただきます。

最近の記事
月別の記事
カテゴリ一覧
Follow Us
  • Facebook Basic Square