膣の腫瘍(膣線維腫)

August 22, 2016

発情出血中のメスのワンちゃん、お尻から何か急に飛び出してきたということで来院されました。

 

見てみると陰部にピンク色の塊が飛び出しています。

 

それまでなかったものが急にということで膣脱の可能性も考えられましたが、指で触ったり、針を刺して細胞を診る検査(細胞診)をして、膣にできた腫瘍の可能性が高いと診断いたしました。

 細胞診の写真……線維状の細胞がごそっと塊で採れていて腫瘍が疑われます。ただ、この検査で何の腫瘍かを確定したり、良性悪性を決定するものではありません。

 

治療は膣の壁からキノコのように伸びている腫瘍を切除し、同時に避妊手術も行いました。

 

その後しばらくしてキノコの付け根で硬く盛り上がっていた組織も軟らかくなり徐々に引いていって一安心となりました。

 

膣腫瘍の多くはホルモン依存性のため避妊手術を同時に行うことで再発の予防に役立ちます。

 

言い換えれば、若いうちに避妊手術をしておけば腫瘍の予防になるということで、やはり早期の避妊手術、大事ですね!

Please reload

最近の記事

May 17, 2020

February 27, 2020

Please reload

月別の記事
Please reload

カテゴリ一覧