診療科目

- 一般診療
- がん(腫瘍科)
- 予防(ワクチン・フィラリア)

- ノミ・マダニ駆除-

外科手術

- トリミング・シャンプー

- ペットホテル

診療時間

9:00 AM - 12:00 AM

4:00 PM - 7:00 PM

月曜日-土曜日

 

9:00 AM - 12:00 AM

日曜日

​木曜日休診

住所

神奈川県平塚市東八幡2-1-7

 (駐車場4台あり)

 

電話番号

0463-71-5551

 

© 2015 by Shippo Animal Clinic. 

糖尿病

December 23, 2015

ワンちゃんやネコちゃんにも糖尿病は起こります。

 

ただ、ワンちゃんとネコちゃんとでは原因や治療方針にちょっと違いがあるので今回はワンちゃんの糖尿病を中心にお話します。

 

●そもそも糖尿病とは?

 

膵臓という十二指腸のそばにある内臓から出るインスリンの作用不足が原因で起こる病気のことで、インスリン自体が不足して起こる場合とインスリンの効きが悪くて起こる場合があります。

 

ワンちゃんはインスリンが不足して起こる糖尿病がほとんどなので、治療にはインスリンが必要になります。

 

●糖尿病の原因は?

 

遺伝的要因が大きいですが、肥満高脂血症膵炎副腎皮質機能亢進症感染症などが糖尿病発症のリスクを高めると考えられています。この辺りはヒトの生活習慣病と似ている部分がありますね。

 

●糖尿病になるとどうなる?

 

インスリンが不足すると、筋肉や脂肪組織では糖を利用しにくくなります。一方、肝臓では糖を新しく作る働きが亢進して結果的に血液中の糖が増加(血糖値の増加)します。糖の利用が十分にできなくなった筋肉や脂肪組織ではたんぱく質や脂肪をエネルギー源として利用するようになるため段々と筋肉が減り痩せてしまいます。

 

さらに脂肪をエネルギー源として利用する時にケトン体と呼ばれる物質が作られ、これが増えることによりケトアシドーシスという危険な状態になります。

 

血液中に増えた糖は尿に排泄されますが、この時に糖と一緒に水分も排泄されていくため糖尿病になるとオシッコの量が増え、水分を失うことで喉が渇いて水を飲む量が増えます。糖尿病になったワンちゃんやネコちゃんがお水をガブガブ飲んでオシッコを沢山するのはこのためです。

 

●治療は?

 

①インスリン療法

 自宅で飼い主様に毎日インスリンの注射をしていただきます。それにより足りないインスリンを補って血糖値が上がりすぎないように維持するのですが、少ないと血糖値が下がらず、多いと下がりすぎて低血糖になってしまうこともあり、特に最初は量の調整が難しいことも少なくないですが、慣れると血糖値が安定し、体調や体重も安定させられます。

 

②食事療法

 食後の血糖値が急上昇するのを防ぎ、体重管理にも効果的な低エネルギー・高食物繊維の療法食が色々なメーカーから出ています。糖尿病の治療の場合にはこのようなフードが必要になります。

 

糖尿病は完治を目標とする病気ではなく、正しくコントロールして元気に生活できるようにすることが目標ですので、治療に終わりはありません。食事管理や規則正しい運動が大切というのは人にも当てはまることですので、これを機に飼い主様もワンちゃんも生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか。

Please reload

最近の記事

November 6, 2019

November 1, 2019

September 25, 2019

September 9, 2019

September 2, 2019

August 18, 2019

Please reload

月別の記事
Please reload

カテゴリ一覧