避妊手術(猫)

今日はネコちゃんの避妊手術について、と言っても内容はワンちゃんの避妊手術とほぼ同じです。

予約した手術予定日の朝にお預かりし、検査をしてから全身麻酔をかけた状態でお腹の毛を刈って手術を行います。手術痕はワンちゃんよりは少し小さく、おおよそ5cmくらいです。

手術後は1泊お預かりし、翌日退院となります。

手術の目的もワンちゃんと同じくホルモン関連行動の改善病気の予防ですが、ネコちゃんの場合には、乳腺腫瘍が発生した時にその9割以上が悪性腫瘍と診断され、手術をしても再発や転移を起こし命に関わる病気となってしまうことが多いため、若いうちの避妊手術により将来の乳腺腫瘍をしっかりと予防したいという意味合いが大きいです。

手術のタイミングもワンちゃんと同じで生後半年、遅くて1歳までにと考えてあげましょう。

そしてワンちゃんと違うところでは、野良猫の繁殖を防ぐという目的も多いかと思います。

平成25年度の統計では1年間に約10万頭の猫が殺処分されています。

不幸な命を増やさないために男の子の去勢手術、女の子の避妊手術はとっても大切です。

平塚市では野良猫の去勢手術、避妊手術に補助金が受けられます。

手続きの流れなど、詳しくは市のホームページをご参照ください。

また、野良の子の場合「手術予定日を決めてもその日に捕まえられるかどうか…」という心配もあるかと思います。その辺りも柔軟に対応させていただきたいと思いますので、野良の子の手術をご検討の際は是非ご相談ください。

最近の記事
月別の記事
カテゴリ一覧
Follow Us
  • Facebook Basic Square

診療科目

- 一般診療
- がん(腫瘍科)
- 予防(ワクチン・フィラリア)

- ノミ・マダニ駆除-

外科手術

- トリミング・シャンプー

- ペットホテル

診療時間

9:00 AM - 12:00 AM

4:00 PM - 7:00 PM

月曜日-土曜日

 

9:00 AM - 12:00 AM

日曜日

​木曜日休診

住所

神奈川県平塚市東八幡2-1-7

 (駐車場4台あり)

 

電話番号

0463-71-5551

 

© 2015 by Shippo Animal Clinic.