子宮蓄膿症

前回の避妊手術のお話でも出てきた子宮蓄膿症という病気について今回はお話します。

子宮に・膿を・蓄(たくわ)える病気です。

蓄えてもいいことはありません。

ではなぜ膿がたまってしまうのか、まずは 原因 をご説明します。

ワンちゃんには約半年ごとに発情期がやってきて排卵が起こります。そして排卵後の卵巣に形成される黄体からプロジェステロンというホルモンが出てきます。

プロジェステロンの分泌は排卵後約2か月間続くのですが、このホルモンの影響によって子宮の内側が細菌感染に弱い状態となってしまうのです。

高齢になると免疫が低下してくることもあり、発情が終わった後の1~2か月というこのタイミングに子宮内で細菌の増殖が起こり、子宮蓄膿症になりやすいのです。

ちなみに、ネコちゃんは交尾によって排卵が起こる動物なのでワンちゃんのように周期的な黄体形成がなく、子宮蓄膿症にはなりにくいです。

子宮蓄膿症になった場合によく見られる 症状 は、

元気や食欲がなくなる熱っぽい嘔吐お腹が膨らんでいる陰部から膿が出る(おりものが臭う)などのほか、水をたくさん飲んでおしっこをたくさんするというような一見関係なさそうなものもあります。ですがどれも見落とせない大事な症状です。

子宮蓄膿症の 診断 には超音波検査がよく使われます。

超音波を当てると液体の溜まった袋状の構造物が黒く映ってきます。

上の写真では右の大きな黒い部分がオシッコの溜まった膀胱で、左や中央下に見える黒い部分が液体が溜まって膨らんだ子宮です。

子宮蓄膿症の 治療 は、内科的な治療が十分な効果が出ないことが多く、一般的には外科的に卵巣と子宮を切除する方法がとられます。

手術の内容はほぼ避妊手術と同じなのですが、子宮内には膿が溜まっていること病気によって動物の体力が落ちていること、多くの場合高齢であることなどから手術のリスクは普通の避妊手術よりも高くなります。

手術後も点滴や抗生物質の投与のため、数日間の入院が必要になります。

原因のところでもお話したように子宮蓄膿症は避妊手術をしていない高齢のワンちゃんに起こりやすい病気です。病気の状態によっては命を落とすこともある病気ですが、避妊手術をすれば予防できる病気でもあります。

元気で長生きするためにも若いうちの避妊手術を考えてあげましょう!

手術で取り出した卵巣と子宮の写真です。下に拡大した写真を載せています。

膿が溜まって膨らんだ子宮で、それぞれ左の端に卵巣が付いています。膿が多量に溜まった場合には水風船のようにパンパンに膨らむこともあります。

最近の記事
月別の記事
カテゴリ一覧
Follow Us
  • Facebook Basic Square

診療科目

- 一般診療
- がん(腫瘍科)
- 予防(ワクチン・フィラリア)

- ノミ・マダニ駆除-

外科手術

- トリミング・シャンプー

- ペットホテル

診療時間

9:00 AM - 12:00 AM

4:00 PM - 7:00 PM

月曜日-土曜日

 

9:00 AM - 12:00 AM

日曜日

​木曜日休診

住所

神奈川県平塚市東八幡2-1-7

 (駐車場4台あり)

 

電話番号

0463-71-5551

 

© 2015 by Shippo Animal Clinic.