診療科目

- 一般診療
- がん(腫瘍科)
- 予防(ワクチン・フィラリア)

- ノミ・マダニ駆除-

外科手術

- トリミング・シャンプー

- ペットホテル

診療時間

9:00 AM - 12:00 AM

4:00 PM - 7:00 PM

月曜日-土曜日

 

9:00 AM - 12:00 AM

日曜日

​木曜日休診

住所

神奈川県平塚市東八幡2-1-7

 (駐車場4台あり)

 

電話番号

0463-71-5551

 

© 2015 by Shippo Animal Clinic. 

HOW TO ブラッシング

May 14, 2015

前回のブログで歯みがきの継続が大事ということをお話しましたが、これまで歯ブラシをほとんどしていない子の場合、急に歯ブラシを口に入れたら嫌がって逃げてしまうことが多いと思います。

 

そこで、今回は歯みがきトレーニングの方法についてお話します。

 

①まずは口を触られることに慣れさせる!

 

手にフードおやつなどのワンちゃんネコちゃんの好きなものを持って鼻に近付け、そちらに集中している間にもう一方の手で口の周りを触ります。おとなしい子の場合はそのまま唇をめくる練習ができるといいですが、嫌がるようでしたら触るだけでも大丈夫です。

 

触らせてくれたよく褒めてご褒美をあげます♪

 

注)ご褒美の食べ過ぎにならないよう一回分の量は少しにしましょう!

 

 

②指で歯や歯肉を触られることに慣れさせる!

 

口を触ったり、唇をめくることに慣れさせることができたら、今度は歯や歯肉を指で触ってみましょう。この時に美味しい味の歯みがきペーストなどを指につけて触っていただくと嫌がらずに受け入れやすくなります。

 

 

 

 

 

③いざ、歯みがきをしてみましょう!

 

おとなしく口の中も触らせてくれるようになったら、指にガーゼを巻いて歯の表面歯と歯肉の間を優しくマッサージするように磨いてみましょう。

 

 

歯ブラシを使い始める時は恐怖心を取り除くために歯ブラシを歯に一瞬当てて我慢できたら褒める、というように慣らしていきます。

 

 

どうしても歯ブラシは難しいという場合は、ガーゼで磨くだけでもかなり効果はありますが、歯周ポケットの中までしっかりと磨くにはできれば歯ブラシを使いたいですね。

 

 

このように歯みがきのトレーニングには少しづつステップがあり、他のしつけと同じようにいきなり始められるものではありません。大人になって困らないように小さな頃から遊びの一環で歯みがきトレーニングをしてあげましょう。

 

もちろん大人になってからでも徐々に慣らしていけば必ずできるようになりますので、大切な家族が健康な歯で長生きできるように頑張って歯磨きしていきましょう!

Tags:

Please reload

最近の記事

January 21, 2020

January 12, 2020

December 25, 2019

December 14, 2019

December 13, 2019

November 29, 2019

November 15, 2019

Please reload

月別の記事
Please reload

カテゴリ一覧