異物誤食

おうちの中で人の食べ物を食べられてしまったり、散歩中に食べ物じゃないものをうっかり食べてしまったりなんて経験はありませんか? 食べても何ともないものもあれば、以前お話したような中毒をおこすものもあったり、物理的に消化管(口、食道、胃、小腸、大腸)を傷付けてしまうものもあります。 今回はそんな異物誤食のお話です。 ある日、数日前から吐き気が続いてぐったりしているというワンちゃんが来院され、お腹を触ってみるとお腹の中に何か丸くて硬いものが触れました。 次に、レントゲンを撮ってみると下腹部に丸い影が映っていました。(青矢印) さらに超音波検査でも異物と思われる影が見られたため点滴で体調を整えてから開腹手術を行いました。 すると腸の中から出てきたものがこちら ↓ 桃の種です。 小型犬の小腸の太さは約1cmですが、この桃の種は厚い部分で3cmありました。 これでは肛門まで通りません。 手術後はみるみる体調が回復し、術後4日目で元気に退院できました。 今回は異物の大きさが原因の腸閉塞を起こした状態でしたが、異物の種類によって傷の状態も変化します。 例えば、釣り針が食道に引っ掛かったり、竹串が胃を貫通したり、ひもが腸の広い範囲に絡まって出血や壊死を起こしたり… いずれの場合も時間が経つほどに状態が悪くなっていき命に関わる危険性が高くなります。 何か食べてしまった時にはすぐに動物病院に相談をしましょう! そしてうっかり変なものを食べてしまわないよう十分に気を付けてあげましょう!

肥満細胞腫②

今回も肥満細胞腫についてお話をいたします。 こちらのワンちゃんはおでこに小さな赤いしこりができて当院に来院されました。 写真ではすごく小さいのでしこりの周りに黒く印をつけてあります。 針を刺して調べる細胞診という検査で『肥満細胞腫』と診断がつきました。 肥満細胞腫は見た目以上に腫瘍細胞が広がっていることが多いので、できれば広く手術をしたい腫瘍の一つなのですが、今回のしこりも大きく切除すると見た目の変化が大きくなってしまう場所にあったため、飼い主様との相談の結果しこりの周囲1cmを切除する方法となりました。 手術直後の写真です。 切除したしこりを病理検査に出した結果、組織学的な悪性度はやや広がりのある『グレードⅡ』でしたが、『取り残しなし』という結果でした。 以前ご紹介した肥満細胞腫はグレードⅠでしたので、それに比べやや悪性度が高いものとなります。 顕微鏡写真がこちら↓ 上側が皮膚表面、下側が筋肉で、〇で囲った中に見える紫色の部分が腫瘍細胞の集まりです。 グレードが高い(悪性度が高い)ものほど、まとまらずに周囲の組織に入り込むように広がっていく傾向があります。 幸い、今回の腫瘍は左右にも下側へも取り残しはありませんでした。 手術から2週間、抜糸した時の写真です。 糸の痕が赤く残っていますが、そこもかさぶたになって治るとほとんど分からなくなります。 これで一安心です。ただし、このような腫瘍は他の場所にできる(多発)することもあるので、早期発見のため定期的な検診やお家でよく触ってあげることが大事になります。

最近の記事
月別の記事
カテゴリ一覧
Follow Us
  • Facebook Basic Square

診療科目

- 一般診療
- がん(腫瘍科)
- 予防(ワクチン・フィラリア)

- ノミ・マダニ駆除-

外科手術

- トリミング・シャンプー

- ペットホテル

診療時間

9:00 AM - 12:00 AM

4:00 PM - 7:00 PM

月曜日-土曜日

 

9:00 AM - 12:00 AM

日曜日

​木曜日休診

住所

神奈川県平塚市東八幡2-1-7

 (駐車場4台あり)

 

電話番号

0463-71-5551

 

© 2015 by Shippo Animal Clinic.